出来なかった大人の決断。吸わない格好良さへ。

戦後の日本と昨今の禁煙ブーム

第二次世界大戦の終戦以後、日本は経済の復興に向けて大きな努力を続けてきました。戦前では小国でありながらも世界的にも有数な軍事国家であり、多くの産業が世界でもトップレベルとなっていました。その状況を取り戻すべく、あらゆる産業において誰もが大きな努力を行い、わずか半世紀ほどの間にその経済力を取り戻すことに成功したという歴史があります。しかしその裏側には個人へのストレスのしわ寄せがあったのが事実であり、そのストレス緩和の手段として多くの人が喫煙するようになりました。仕事人ともなればヘビースモーカーであるということが珍しいことではなく、それによってストレスの緩和と集中力の増強を行って、精力的に仕事に取り組んできたのが事実です。そのため、近年の中高年者の特に男性には喫煙者が多いという状況ができています。
自衛隊
一方、近年になって喫煙による健康への悪影響が広く知られるようになり、非喫煙者を守るための社会的配慮がなされるようになってきました。その影響を受けて、健康的な生活を送ると共に非喫煙者への悪影響を及ぼさないという考えにもとづいて禁煙を志す人が多くなってきました。昨今の禁煙ブームはこういった状況から生み出されてきているものです。特に健康リスクが大きくなる中高年者に喫煙者が多いことも影響して、多くの成人が禁煙を志すという様相を呈してきているのが現状です。そのため禁煙市場が大きくなってきており、それに応じるようにして禁煙グッズの開発や禁煙治療の確立が進められてきており、それに注目した喫煙者が新たに禁煙を目指すようになることで禁煙ブームに拍車がかかってきています。戦後の状況から必然的に生み出されているのがこういった状況と言えるでしょう。