出来なかった大人の決断。吸わない格好良さへ。

禁煙中のダイエットは要注意

健康管理をした男性メジャーな銘柄のみならず、マイナーな銘柄のタバコでさえも立て続けにたばこ税が引き上げられているため、多くの喫煙が禁煙を考えています。喫煙は百害あって一利なしと言われるように、金銭的な負担が大きなものになるだけではなく、肺や食道が黒く変色してしまいます。黒くなるだけではなく本来の機能が失われ、呼吸が浅くなったり食道がんに見舞われる恐れもあります。命に直接影響するような病に襲われてしまう可能性が捨てきれないので、早急に禁煙するべきです。あらゆる銘柄がたばこ税の引き上げに合わせ値上げされている今日では禁煙により得られるのはメリットばかりです。
ただし、唯一欠点とされることがあります。それはタバコに含まれている有害物質が、食道に悪影響を与えなくなるので食欲が増進することです。食欲が増進すること自体に悪影響は無いものの、当然食欲が高まると体重が増加してしまいます。通常であれば体重が気になった場合、ダイエットを講じれば良いのですが、禁煙中にダイエットを行うのは好ましくありません。その理由は禁煙による心身的な負担に加えて、運動による負担も加わることになるためです。
しかし、体重が増加し過ぎることは喫煙を継続する事と同様に健康に良くありません。禁煙中に体脂肪率などを減らしたいのであれば、1日1度体重測定を日課にすることから始めましょう。体脂肪率などを管理することは日々の変化にすぐに気付けるようになります。身近にある手帳などにメモするだけでも小さな変化に気付くことができるようになるので、食事の量を調節するなどの対処がすぐに行えるようになるのです。禁煙中にダイエットをする際は注意しましょう。